介護求人で求められる資格


“介護求人で求められる資格は、まずは介護そのものにおける資格です。たとえば介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などの資格を持っている人であれば、即戦力として特別養護老人ホームなどの施設や訪問介護事業所でもヘルパーとして働くことができます。 他にはハローワークなどで介護求人でよくあるのが介護支援専門員いわゆるケアマネジャーです。介護サービス計画の作成のプロフェッショナルとして施設サービス計画の策定でも、在宅では居宅介護支援事業者のケアプラン作成に関する一切の職務を任されることになります。 介護求人では前提として具体的に資格を明示していることがよくあります。どういった職種の募集なのかあらかじめはっきりさせることでその資格を持たない人の募集をシャットアウトしたいという思惑もあります。 また、介護求人はどの地域でも相応にあります。都市部であろうと地方であろうとそれなりにです。しかしながら地方にあっては介護職ぐらいしか求人募集がないという現実もあります。そのため、仕事がなくて困っている人の場合は、ものは試しで介護の仕事をやってみるという考えはあります。資格がなくても介護職員の補助的な仕事ができる特別養護老人ホームなどでの募集もあります。こうしたところで実務経験を積んでさらにステップアップを図るもよし、景気が良くなるなどして時期が来れば、介護とは別の仕事へと転職することも視野に入れるなど、選択の余地を広げることも可能になります。”