介護求人で注目の職業

日本ではすごい勢いで高齢化が進んでいます。そのため、現在では介護業界の需要が大きくなっており、多くの介護求人があります。介護求人で募集の多い職業には看護師や介護福祉士、社会福祉士などがあります。看護師や介護福祉士は有名な資格ですが、社会福祉士は知らない人も多いのではないでしょうか。ここでは介護求人で注目の職業である社会福祉士の仕事について説明します。社会福祉士は主に老人保健施設や老人福祉施設などで相談員として仕事を行っています。相談員は必ずしも資格が必要な仕事ではありませんが、多くの介護求人では社会福祉士を持っていることが条件となっています。この資格は簡単に言うと福祉サービスの専門家です。施設を利用する人たちは、それぞれ経済状況や、家族環境などが異なります。場合によっては福祉サービスを必要とする場合があります。そのような人の相談を受けて、的確な助言や指導、その他の援助を行う際にこの資格の知識が必要となります。施設での実際の仕事は入所や退所時が主になります。入所時には本人の身体状況や経済状況、家族などの環境面までを総合的に評価し、入所が可能かどうかを判断します。福祉サービスの利用が必要な場合にはサポートし、利用が出来るように援助を行います。また、事前の調査内容は職員へも申し送りを行い、看護師や介護士などの職員が利用者の入所後にスムーズに対応できるようにします。また退所の際には、退所先への申し送りなどを行い、その後も生活がうまくいくよう福祉サービスの調整を行います。

介護求人を業務委託するメリット

数多く用意されている求人情報というものがありますが、職種の中でも介護求人というものが用意されています。看護師や所定の資格を持っている方をメインとして募集を行う内容を持っているものですが、事業所によっては無資格者でも募集しているものも目にすることができます。そんな中、介護求人の場合では、各種介護施設での勤務がメインとされていて、具体的な仕事内容としては、利用者の入浴の補助業務や排せつの処理、食事の提供や着替えなどを挙げることができますが、利用者が常に快適な生活を送るために努力することが必要になります。現在では介護求人を業務委託している場面も目にすることができます。業務委託を引き受けている事業所の場合では、各介護施設と共にメリットを得ることができます。施設側は介護求人を何度も行う必要が無くなり、常にスタッフを必要な人数だけを用意することができ、業務委託を行っている事業所では数多くのスタッフを雇い入れるために、派遣する先をスタッフの都合に合わせて調整することが可能となります。また、スタッフ間での情報交換なども比較的行いやすい環境作りになることが多いために、仕事上のスキルに関しても常に向上させることができるプロ集団を形成することができます。現在では施設によって違いはありますが、慢性的な人手不足となっている場面も多く見られるために、業務委託を利用してスタッフを確保することに関しては、非常に大きなメリットが生まれます。

正社員の介護求人の倍率

“最近、職業安定所や求人情報誌にも、介護の仕事が増えています。
インターネットの求人サイトでも、介護職がたくさん募集されており、働き方も様々です。
例えば、正社員もありますし、派遣やパート、アルバイトなどもあります。
フルタイムで働くことが可能ならば、正社員で応募するのも良いですし、子供がいてあまり働けないという場合には、週に三日ほどのパート勤務も出来ます。
また、看護学校や医療系の学校に通いながら、夜勤などのアルバイトをしている学生も多いようです。
このように介護求人の働き方はたくさんありますが、正社員になるのは、なかなか難しいようです。
きちんと週休二日制があり、退職金などの福利厚生がしっかりしていて、職員の定着率が良い職場は、かなりの求人倍率となっています。
一人採用のところに、何十人と応募が来たりするようです。
また、近頃では、介護職員初任者研修を取得する人も多いようです。
比較的簡単に取得出来ますし、費用もあまりかからないので、介護職に就くためには、持っておいたほうが良い資格でもあります。
介護求人に応募する場合は、資格の有無を問われたりしますが、やはり介護職員初任者研修や介護福祉士などの介護系の資格があると、履歴書にも記載出来ますし、面接でも無資格者よりは有利です。
他にも、介護求人では、前職に何をしていたか、高校や大学では何かスポーツをしていたかなども問われることがあります。
これは、介護の仕事は肉体労働であり、体力も必要であるためです。
介護求人はたくさんありますが、体力が無いと仕事はこなすことは出来ません。
そのため、介護の仕事をする際には、体力も充分に身につけておきましょう。