介護求人で注目の職業


日本ではすごい勢いで高齢化が進んでいます。そのため、現在では介護業界の需要が大きくなっており、多くの介護求人があります。介護求人で募集の多い職業には看護師や介護福祉士、社会福祉士などがあります。看護師や介護福祉士は有名な資格ですが、社会福祉士は知らない人も多いのではないでしょうか。ここでは介護求人で注目の職業である社会福祉士の仕事について説明します。社会福祉士は主に老人保健施設や老人福祉施設などで相談員として仕事を行っています。相談員は必ずしも資格が必要な仕事ではありませんが、多くの介護求人では社会福祉士を持っていることが条件となっています。この資格は簡単に言うと福祉サービスの専門家です。施設を利用する人たちは、それぞれ経済状況や、家族環境などが異なります。場合によっては福祉サービスを必要とする場合があります。そのような人の相談を受けて、的確な助言や指導、その他の援助を行う際にこの資格の知識が必要となります。施設での実際の仕事は入所や退所時が主になります。入所時には本人の身体状況や経済状況、家族などの環境面までを総合的に評価し、入所が可能かどうかを判断します。福祉サービスの利用が必要な場合にはサポートし、利用が出来るように援助を行います。また、事前の調査内容は職員へも申し送りを行い、看護師や介護士などの職員が利用者の入所後にスムーズに対応できるようにします。また退所の際には、退所先への申し送りなどを行い、その後も生活がうまくいくよう福祉サービスの調整を行います。