正社員の介護求人の倍率


“最近、職業安定所や求人情報誌にも、介護の仕事が増えています。 インターネットの求人サイトでも、介護職がたくさん募集されており、働き方も様々です。 例えば、正社員もありますし、派遣やパート、アルバイトなどもあります。 フルタイムで働くことが可能ならば、正社員で応募するのも良いですし、子供がいてあまり働けないという場合には、週に三日ほどのパート勤務も出来ます。 また、看護学校や医療系の学校に通いながら、夜勤などのアルバイトをしている学生も多いようです。 このように介護求人の働き方はたくさんありますが、正社員になるのは、なかなか難しいようです。 きちんと週休二日制があり、退職金などの福利厚生がしっかりしていて、職員の定着率が良い職場は、かなりの求人倍率となっています。 一人採用のところに、何十人と応募が来たりするようです。 また、近頃では、介護職員初任者研修を取得する人も多いようです。 比較的簡単に取得出来ますし、費用もあまりかからないので、介護職に就くためには、持っておいたほうが良い資格でもあります。 介護求人に応募する場合は、資格の有無を問われたりしますが、やはり介護職員初任者研修や介護福祉士などの介護系の資格があると、履歴書にも記載出来ますし、面接でも無資格者よりは有利です。 他にも、介護求人では、前職に何をしていたか、高校や大学では何かスポーツをしていたかなども問われることがあります。 これは、介護の仕事は肉体労働であり、体力も必要であるためです。 介護求人はたくさんありますが、体力が無いと仕事はこなすことは出来ません。 そのため、介護の仕事をする際には、体力も充分に身につけておきましょう。 ”